« 今日から新しいスタートです。 | トップページ | 本日IP電話が来ました。 »

2004.12.04

部屋の収納で気がついた事

心と体のほうのカテゴリになっているが、ADHDという注意欠陥多動性障害にも少々当てはまるので、了承願いたい。

最近収納の本がよく出ていて、私が今日の帰り道の途中に寄ったホームセンターにも収納の本が出ていた。その本を見てみると多くなりがちな物が改善前と改善後できれいに整頓されていた。しかし、物の流れをよく見ておかないとさまざまなアイデアも梨のつぶてとなりかねないと感じている。

一応念の為、整理整頓の意味を・・・

整理:乱れを整える事、無駄を除く事
整頓:きちんと片付ける事
(学研 パーソナル国語辞典より)

似ている言葉なんだけど、ちょっとだけ意味が違う。整理は無駄を除く事。整頓は必要な物がきれいに並んでいる事と理解したほうが良い。よく工場での改善手法で言われている事だが、改善活動ではこの意味合いを理解していないと改善活動自体が進まない事にもなっている。

しかし、家庭では整理も整頓も同義で取り扱っている様だ。おそらく、家庭の場合は必要な物と必要でないものの見分けが、物自体への感情も入り込んでいて、分別がつかないのだろう。私の場合もいままでに住んでいた部屋は一見入らない物でもさまざまな思い出が入り込み、捨てられない物が多い。

今回、長年住み慣れた家から引っ越して今の家に住んでいるが、できるだけ物を増やさない様にしないと大変な事になりそうだ。いままでとは違い、部屋の大きさが小さめなので、少しでも油断すると物が反乱する事になってしまう。同時に便利な収納システムの構築も急がないといけない。やはりコンピュータの世界でもアーカイブの概念どおりに物は増え続けても減り続ける事は無いのだから。

新婚生活1カ月目にして、物が氾濫しているリビングのテーブルから書いてみました。

P.S.12月5日加筆修正。後日見てみて、意味が通っていない箇所があった。よく校正を行なわないと訳のわからない文章になってしまう(^^;。

|

« 今日から新しいスタートです。 | トップページ | 本日IP電話が来ました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15841/2151723

この記事へのトラックバック一覧です: 部屋の収納で気がついた事:

« 今日から新しいスタートです。 | トップページ | 本日IP電話が来ました。 »