« 余裕を持つ | トップページ | 結婚生活の倹約生活 »

2005.01.06

一日の締めで日記と家計簿を付ける

これからは毎日お金の管理と日記をつける様にする。実は正月から始めているが、今のところ三日坊主にはなっていない様だ。しかし、一日ぐらいの付け忘れはあまり気にしない様にし、せめて三日に一回まとめて書く様にしている。とはいえ、これは、どうしようもない時の特例であり、基本線は毎晩記録することを目標にしている。一回だらけてしまうと続かないので、まずはこれを続けさせるのが大事である。

実は、お金の管理(家計簿)については定期的にまとめてパソコンで記録し、管理している。しかし、完全な管理を求めないことにしている。私たちにとってはこれが重要である。最初は習慣付けとしてやりすぎるくらいがちょうど良いのだが、慣れてくると少し力を抜くぐらいがちょうど良いのである。

出来れば、家計簿についてはPCで付けるのをお勧めする。今では市販のソフトで高機能なソフトが販売されているし、フリーソフトでも、良心的なソフトが散見されるからである。大体のソフトは集計昨日が備わっていて、月毎にどれぐらいのお金を使ったかについての結果を見る事が出来、今後の使い方を反省することが出来るのである。

日記については今年からは紙の日記を始めたが、これについてもあまり毎日きっちり書こうとすることは思わないことである。あと、自分の自由に付けていくと良いだろう。そしてこの日記は自分だけが見るものということにしておく。そうしないと字が汚かったり、文章が下手(私たちにはよくありますよね(笑))なのが他人にばれてしまうからである。

小さいころは家計簿を付けたり、日記をつけたりするのは親や先生にみられるという恐怖心があり、あまり好きではなかった。しかし、自分のペースを守って付ける様にすれば、結構長く出来るのではないのだろうか。実際に私の場合は、家計簿をパソコンで付ける様になってから、ソフトはいろいろと代っていったが(ちなみに今はマイクロソフトのMoneyを使っている)5年以上続いている。部屋の片づけや整理は相変わらず苦手だが、昔と違い、お金の流れを把握出来る様になった。自分のお金の使い方に疑問のある方は是非家計簿を付けていったらどうだろうか?

ソフトウェアはお金が無ければフリーソフトを使って行なってもいいし、単純な物なら、小遣い帳として、Excelで作ってもいい。興味があれば出来るだけ早くやってみよう。

|

« 余裕を持つ | トップページ | 結婚生活の倹約生活 »

コメント

ダンナに勧められて、家計簿をつけました。

あら、忍さまって結構几帳面なんですね。意外と忘れ物が多いのにね。

忍の妻より。愛を込めて(^^♪

投稿: Rosamonde | 2005.01.08 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15841/2493049

この記事へのトラックバック一覧です: 一日の締めで日記と家計簿を付ける:

« 余裕を持つ | トップページ | 結婚生活の倹約生活 »