« 知的障害のある自閉症から、軽い自閉症までのスペクトラム当事者の講演について考える | トップページ | Webringに登録しました(自閉症本人日記の環) »

2005.08.30

うつ病サラリーマン当事者の生活資金のやりくり

結婚してから、家の財政を見ているのですが、うつになってから、赤字になっています。もともとADHDを認識していた割には、こういうのは好きなのですが(実はこれこそが自閉系の性格だったようで・・・)、大体数万円程度の赤字が出ています。

実際には嫁さんの口座も見てみないといけないのですが、現状の所、嫁さんの口座は嫁さんの管理としているので、何とも言えないのですが、全体では収支とんとんか、少し上というところでしょうか。

ただ、忍(にん)家メインの口座はうつ闘病のための給料カットの為、減少傾向なので、早く仕事に復帰する必要が出てきました。

まずは通院医療費公費負担制度を利用して、医療費を出来るだけ抑えることにしました(これから申請するので通るのかどうかは分かりませんが・・・)。それから、今後病状が長引いたり、平行線をたどったり、もしくは悪化した場合ですが、精神障害保健福祉手帳(仕事はなんとか出来ているみたいなので、3級かな?)の取得も考えています。

それも、今回の給与明細が出てきて、給料カットの上、健康保険、厚生年金などの金額が上がる(10月から)というのが、分かったのがきっかけです。総務の担当者にその金額を下げて貰う方向で相談したところ、上司に手帳の取得を考えていることまで伝わってしまいました。(通院医療費公費負担制度を利用することは直接伝えているのですが・・・)

明日、どのように報告、相談しようか、考えています。

人気ブログランキングに清き一票をお願いいたしますm(._.)m

いまこのブログは何位かなo(^-^)o

|

« 知的障害のある自閉症から、軽い自閉症までのスペクトラム当事者の講演について考える | トップページ | Webringに登録しました(自閉症本人日記の環) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15841/5712682

この記事へのトラックバック一覧です: うつ病サラリーマン当事者の生活資金のやりくり:

« 知的障害のある自閉症から、軽い自閉症までのスペクトラム当事者の講演について考える | トップページ | Webringに登録しました(自閉症本人日記の環) »