« Webringに登録しました(自閉症本人日記の環) | トップページ | 通院医療費公費負担制度関係の診断書が出ました。 »

2005.08.31

発達障害(ADHD、自閉症スペクトラム、アスペルガー、LD)を持つ人の就労について

先日、『知的障害のある自閉症から、軽い自閉症までのスペクトラム当事者の講演について考える』で突っ込む件は、タイトルの様に、生活をどうしようかということについて、あまり問題の無かった(?)私の視点で書いてみようと思っています。

私の経験なので、自閉症スペクトラム障害の軽いタイプにしか当てはまらない可能性がありますが・・・

生活といっても、簡単には『衣・食・住』がありますが、何しろ全てを実現するにはお金が必要です。では、どうやってお金を稼ごうかという話になるのですが、成人になってからの二次障害、三次障害を持っている方は就職すらままならないのです。

実際に二次障害を持っている方の就労の出来にくさは胸をつつく様な悲惨さです。

発達障害者についてのお金の稼ぎ方については参考資料として、以下の3冊の本を紹介します。

ということで、あくまでも二次障害を治したらという話にはなるのですが、次のような仕事を提案してみます。

1:好きなこだわりを仕事にする
私の場合はこれで今までやってきた様なものです。私の趣味といえば、パソコンのプログラミングや、システム設定など、パソコンを触るのが好きなのです。
しかし、環境の影響でうつや、不安障害になったりしますので、そうなった場合は出来るだけ会社での配慮が必要になります。私の場合も、ある程度配慮して貰えているからこそ、今でも仕事が出来ますが、理解が無い場合は最終的に解雇になる可能性もあります。それを防ぐために、なんらかの認定が必要になるかもしれません。
2005年度の自閉症カンファレンスNIPPONでは、『発達障害者手帳』の新設や、『発達障害者枠』の追加が提案されていましたが、現状は『精神障害者保健福祉手帳』がその役目になっていると思います。
鉄道も好きなのですが、鉄道関係の職業につくのはパソコン関係に比べて難しいのであきらめました。何せほとんど上場企業だし、多角化戦略なので、就職出来ても、果たして鉄道の仕事につけるか、難しいです。最悪コンビニの店員などになっていたりして。阪急系の『アズナス』や、京阪、阪神、南海系の『アンスリー』など。

2:自分の今までの経験をお金に変える
知的障害のある自閉症から、軽い自閉症までのスペクトラム当事者の講演について考える』でコメントを下さったRosamondeさんはその一人だと考えれます。彼女は講演活動で自分の経験を話すことにより、教育・療育関係者、それに世間の皆様に深い感動を与えています。
彼ら、彼女らは当事者でありながら、当事者本人と世間の人との『通訳』という立場でもあります。
最近、嫁さんと一緒に活動していて、思ったのは、発達障害当事者の先輩というアドバイザのニーズがあるのかなと感じています。今まで親御様含めて、数件コーディネートさせて頂いたのですが、ちょっと困っているのが、御礼が物や商品券などで頂いてしまうということ。
実は物が増えると家の中がグチャグチャになるので、これを有償ボランティアというか、ビジネスという形に出来ないか、思案にくれているところです。このことにより、ある程度お付き合いの出来る当事者ではあるが、仕事が見つからない人たちの一つの就労の形態が出来ると考えられます。

3:ホームページでビジネスを行なう
最近『Yahoo!オークション』などで古い物を売ったりしていますよね。あと、情報を売ったりとか(しかし、あまりお金にばっかり走っているのは嫌だな(T.T))。アフィリエイトもあります。しかし、あまりお金にならないのが欠点ですが・・・私もブログで本などを勧めたりはしていますが、あまり儲からないんですわ(笑)

仕事は別に就職(会社に所属する)にこだわる必要は無いんです。今、ネットが普及して、ネット環境さえあれば、発達障害を持っている人にとってはチャンスとも言えるので無いかと楽観的に見ています。ただし、こだわりがきつすぎて、チャンスを逃してしまうのかも知れません。

私たちはMBS系の『バリ・バリ!バリュー』のような大金持ちになる必要は無いです(お金持ちになりたい人は別ですが・・・)。ただ、発達障害の特性をうまくいかしながら普通の生活をやっていき、社会に貢献できればと考えています。(かなり優等生的なまとめですみませんm(._.)m)

人気ブログランキングに清き一票をお願いいたしますm(._.)m

いまこのブログは何位かなo(^-^)o

|

« Webringに登録しました(自閉症本人日記の環) | トップページ | 通院医療費公費負担制度関係の診断書が出ました。 »

コメント

カンファレンスの内容、まとめやすくてよかったです。私が言っていた「発達障害者手帳」を作ってほしいということが議題としてあがってたなんてと奇跡です。本当の事言えば、発達障害を精神障害と独立してほしいと思うのです。
お金の件ですが、私の場合は必要最小限、生きていけば良いと思う思考なのでございます。

投稿: みっちゃん | 2005.09.01 00:49

それでも就職できない人は、どうすればよいのですか?
アスペルガーといっても、皆、あなたのように軽度な人ばかりではないのですよ。
ビジネス?また金の話か。

投稿: Qwerty | 2005.09.02 06:20

Qwertyさん
個別の話は出来ません。もし、Qwertyさん本人の話でしたら、メールなどで相談を受ける事は可能ですが・・・ただし、すぐの返事は難しいです。
私たちの仲間は100人いれば、100通りの答えがあります。私の話はその中の1つの話でしか無いです。中には大変な人もいらっしゃることは承知しています。しかし、特性を活かして頑張っておられる方もいる事を理解してもらえたらと思います。
お金の話が最近多いですが(気分を害されたらごめんなさい)、別にお金儲けの話をしていなくて、当事者が何らかの形で世間に向かって表現して、受け入れる対価としてお金の話をしています。
情報販売は確かに変な商材が多いのですが、インターネット上で自分の事を表現するには、いいツールになると思っています。

投稿: 忍(にん) | 2005.09.02 12:04

お金は大事な問題と思います。
忍さんを責める前に家賃や光熱費全部自分で、お金払っていますか?
家庭を持って誰にも頼らずにやっていくのは、全部自分で払ってやっていかないといけないんです。その事も考えて欲しいと思います。
働いていかないと貯金なんてすぐ底をつきます。
目の前の切実な問題を今悩んでらっしゃると思うので、わかってあげて欲しいと思います。

投稿: パパ | 2005.09.03 15:25

パパさん、コメントありがとうございます。

パパさんの仰るとおりで、最近家計は赤字の状態でこのままの病状が続くと、破産する可能性があるのは否定出来ません。

実は私は、ある当事者の自助活動グループに参加しているのですが、本当は働いて生活していきたい、能力もあるのに、実際に就職出来ない当事者をいろいろ見てきました。その当事者への問題提起も含んでいます。

私たちが生活をするのはとても大変です。私たち夫婦はまだましですが、中には生活保護を申請するとか、障害年金を貰わざるを得ない人がいたりします。しかし、最近の国の状況を考えると、今でも苦しい状態が、今後さらに苦しくなる可能性があります。

その定型発達者と比べて、生活の苦しい状態を少しでも良くしたい。そのために何か出来ることは無いだろうか?

この課題はとても難しい問題で、簡単に議論できるものではないですが、今出来る範囲で論じていこうと思っております。

拙い文章ですが、お付き合いいただければ幸いです。

投稿: 忍(にん) | 2005.09.03 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15841/5724678

この記事へのトラックバック一覧です: 発達障害(ADHD、自閉症スペクトラム、アスペルガー、LD)を持つ人の就労について:

« Webringに登録しました(自閉症本人日記の環) | トップページ | 通院医療費公費負担制度関係の診断書が出ました。 »