« 従業員と会社との関係、弱肉強食の世界 | トップページ | 会社でトラブル発生 »

2005.11.23

祭日なので休みと・・・

勤労感謝の日ですが、残念ながら今の心境なら私は感謝できないですね。

これほど、労働者と会社との関係がかなり大きいものとは知りませんでしたから。

  • 労働者は月の給料で生活している。
  • 経営者は年の給料で生活している。

という大きな違いがあります。他に、自分で経営者になるというのもあるのですが、営業活動がかなり大変です。経営者の皆様はその中で会社を大きくされてきたとは思いますが、同時に従業員を雇った場合には、その従業員の生活を保証しなければいけないという責任も持っている訳です。

では、従業員に何かあった場合、会社の対応としてはどうするのかというと、一応休むということしか、言えないと思います。月の給料で生活できればいいのですが、私の会社は詳しく書くと、時給月給という形になります。ようするに、形は月給だけど、休むとその分だけ給料からマイナスされるという形です。

しかし、うつ病でそうなると、生活が苦しくなるということと、今度はうつ病を治すつもりで、会社というストレッサーを外したのはいいけど、今度は生活費確保というストレッサーがかかって来るということになります。

そこで、一つ提案したいのは、緊急時に備えて、最低限の生活費を確保することをおすすめします。その割合ですが、給与額から6割が妥当です。というのは、いろいろな会社があり、中には条件が良い会社もある様ですが、休業する場合は傷病手当金という制度があります。簡単に言いますと、3日以上欠勤した場合、4日以降健康保険から月に貰っていた金額の6割にあたる金額が貰えるという制度です。失業手当も3ヶ月は貰えないですが、4ヶ月からは6割程度貰える様です。失業手当は年齢、勤続年数によって貰える金額はさまざまですが、なんとも言えないですが・・・

うんちくを垂れたところで、私の状況で、さまざまな方からアドバイスを頂きました。この場をお借りして、お礼申し上げます。ここから皆様に頂いたコメントを返信させて頂きます。

まず、労働組合はありません。昔、作ろうと動いていたことがあった様ですが、その中心人物は強引に辞めさせられたらしいです。本来ならば労働基準法違法なんですが・・・

私の状態のことですが、高機能広汎性発達障害(いわゆる高機能自閉症とよんでしまって良いと思います)と、軽症うつ病と併発しています。なんらかの支援を会社に要求することは可能だと思います。今、嫁さんがその筋からの情報を集めている最中です。嫁さんにもこの場をお借りして、感謝です。

今回はうつ病患者に対する禁句を会社として伝えてしまったという点で、労働安全衛生法の「安全配慮義務違反」にあたる可能性、もしくは上司が部下に対するパワーハラスメントにあたる可能性のどちらかにあたる様です。一度こちらでも労働局等に確認を取る必要があると思っています。

とりあえず、前回に会社と話した、うつ病、メンタルヘルスに関する学習がこの1週間でどれだけ進んでいるか、来週はこの質問を会社にぶつけていきたいと思っています。それにやる気がなければ労働局に相談することを考えております。

今のところはこんな所でしょうか。

人気ブログランキングに清き一票をお願いいたしますm(._.)m

いまこのブログは何位かなo(^-^)o

|

« 従業員と会社との関係、弱肉強食の世界 | トップページ | 会社でトラブル発生 »

コメント

おはようございます。
私自身の障害でも、あるうつ病に関することをかきます。
現在32条を適用されてます。
(ようするに精神病でかかるには一診療所に限って無料になっている)
あと、障害者手帳(精神障害の手帳。でも実質はB5版のカード1枚写真無しをB6版の緑の表紙カバーに二つ折りにして入れてるだけ)を取得し、現在3級(軽度)です。
しかし、32条は診察開始すぐに申請して3ヶ月係らないうちに適用されました。
経費は五千円位だったと思いますが。
(三千円だったかも。とにかく手帳とは別に申請したので、料金が正確に思い出せてもどっちがどっちだったか、忘れてます)

投稿: さかいみのり | 2005.11.26 08:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15841/7287752

この記事へのトラックバック一覧です: 祭日なので休みと・・・:

« 従業員と会社との関係、弱肉強食の世界 | トップページ | 会社でトラブル発生 »