« 傷病手当金と福祉に関する事務についての不満 | トップページ | 傷病手当金の請求受給についてのノウハウ »

2006.02.01

傷病手当金の支給が遅れた理由

傷病手当金が遅れた理由が分かりました。

その理由とは、

会社の担当者がのんびり仕事していたから

なんです。そのおかげで、提出日に数日遅れ、某健康保険組合の次の締め日にまわされたというわけです。

私は担当者に早くしてくれと言っていたのにも関わらず。

実はこの支払いが今日中になされないと、私の家の財政がピンチになるところだったのです。この1カ月、2万円で過ごしていかないといけないところでした。

もっと遅れると、中旬ぐらいで、光熱費ですべてなくなってしまう・・・

私は完全にぶちぎれました。

単なる会社の書類の遅さでここまで生活が切羽詰まる状態まで追い込まれて、家族も養っていて、薄給で働かされているのに。みんな苦労しているのは分かるけど、毎月赤字状態ではとてもやっていけません。

担当者に対してではなく、物に対してやつあたりしたんですが、その状態を見て、担当者も逆ギレ

実は私はそこまで責める気は無く、逆に上司、事業主に対して攻撃していたんですが、申し訳ないことをしました。このページ、見ることは無いでしょうが、この場をお借りして、お詫び申し上げます。(もちろん、明日また謝りますが・・・)

結局嫁さんの口座から回して、何とか乗り切ることになりました。

会社の上司にも言いましたが、この給料ではもともと生活できません。だからいろいろアルバイトなどやらせてもらっているんですが・・・

ちなみに今、仕事で外注さんに来てもらっているのですが、人月単価はなんと、

240万円!!


ボッタクリとしか思えない金額です。業界人だと、どんなシステムなのかは分かるかも。

私の給料の10倍以上かよ(T.T)。それに、サーバ一つ足りないし・・・

仕方がなく、私が一つ構築してました。予備はあるにはあるけど、バックアップ環境整っていないし・・・こちらはお古のテープドライブを移植して何とかしました。

こんなこともあり、今、やる気は全くない状態です。

ごはん食べたら寝ます。

|

« 傷病手当金と福祉に関する事務についての不満 | トップページ | 傷病手当金の請求受給についてのノウハウ »

コメント

逆に忍さんの仕事がいかに重要にもかかわらず、元々薄給だったのかがよくわかりますね。
(通常システムエンジニアは付き30万はいただけるらしい)

ひどいねー。会社としてこれからも、やっていけるのか微妙ですね。

投稿: さかいみのり | 2006.02.02 03:45

>ちなみに今、仕事で外注さんに来てもらっているのですが、人月単価はなんと、

240万円!!

これ、よくわかります。
うちの会社も日本の本社を潰したくて仕方ない社長と工場長が派遣社員を雇いたがって、何人もやとってますけど、所詮、派遣先からの支払いを派遣会社がピンハネ、派遣社員には、派遣会社からそこそこの手当て…。


まあ、派遣制度って日本にはなじまないと思いますけどね…。ライブドアみたいな虚業とまでは言わなくても、情報漏洩、機密流出続発の、いわば、中国共産党が喜びそうな制度としか思えませんね。

あと、うちの会社の100年の動脈硬化現象に冒された、年長の社員の怠慢、ってのも有るんですがね。

投稿: ごんぎつね | 2006.04.23 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15841/8453052

この記事へのトラックバック一覧です: 傷病手当金の支給が遅れた理由:

« 傷病手当金と福祉に関する事務についての不満 | トップページ | 傷病手当金の請求受給についてのノウハウ »