« 結婚記念パーティー | トップページ | 障害者自立支援法の施行 »

2006.04.02

エイリアン、異星人・・・

別にある本を批判しているわけではないんですが、自閉関連の本で、自閉の特性を持つ方が異星人、外国人、エイリアン等と称していることを引用して、自分のことをエイリアンという人がたまにいます。

別にそのことは良いか悪いということはおいといて、実際、あなたは誰ですかと聞くと、たいていこういいます。

『地球人です(日本人です)』

要するに、人間なんですね。

最近は発達障害の理解が進んで、こういうことを言う人は少なくなりましたが、いまだに言う人はいます。

今回はあえて、発達障害者(児はあえて除きます。)へ、私自身への自戒を込めて突っ込みます。

自分のことをエイリアンと言うことで、人間社会と暮らしていけない言い訳にしているのでは無いですか?

確かに、一般の人に比べたら疲れやすいでしょう。不器用でしょう。変に敏感、鈍感だったりするでしょう。それに、変にこだわったり、人間関係の構築が下手でしょう。

しかし、その特性が分かれば、どうするのでしょう?

自分の人生、精一杯生きていかなければいけないんです。自分は自分、他人は他人。まずは自分のことを優先して考えるべきです。

自分の好きなところを見つけて、それを認めてもらえれば、生活していけます。大きな仕事は出来ないかも知れない。でも、得意な所を突き詰めると、結果的にはいろんな人をハッピーにすることが出来るかもしれない。

自分の好きなところを見つけるのは難しいかもしれない。あえて、自分の得意分野を外して、別の仕事をしないといけないかもしれない。しかし、自分の決めた人生、行動、それを自分は別の人間だからという言い訳はしない方法を考えないといけないと思う。

※好き=得意では無いです。好きな仕事は関連するつらい仕事も含めて好きと言えること。得意な仕事はその仕事しか出来ないこと。これを理解してください。

それを考えるのは発達障害者自分自身なんです。そして、支援者、関係者は当事者が考えることをサポートしてあげなくてはいけない。

もう、発達障害者を特別扱いする時代では無くなりました。自分で何か生きていく術を見つけて、無理のないペースを保つノウハウを自分自身で作っていかなければいけない。

今後、もし、講演依頼が来たら、こういうことをメッセージとして、伝えていきたいと思います。そうしないと、発達障害者支援法の意義が無くなりますから。

今まで嫁さんから借りた本、それに、当事者活動をいろいろ見てきて、そう思いました。

|

« 結婚記念パーティー | トップページ | 障害者自立支援法の施行 »

コメント

忍さん、はじめまして。

忍さんの記事に賛同します。

医者や家族や恋人や友達や世間が決めるのではなく、
自分からすすんで選択しているということ。
自分のやったことに対して自分が責任をとらなければいけないこと。誰かのせいにしないこと。

自分で考えて動くことを意識すること。

私自身就労活動でつまづいていて嫌気がさしていますが、ちょっとくさりつつも今後の活動を考えてみようと思いました。

良い記事をありがとうございました。

投稿: シャカ | 2006.04.03 05:02

忍さん

よくぞいってくれました。

自分が今できること、本当にしたいこと、目の前にあることをやっていくしかないんです。

自分で、自分で、です。

自分を悲観的にみたり、エイリアンと名乗って
他の人と係わらないのは簡単です。

でも、それでは常に家族や医師や環境に流されるだけです。

アスペルガーだとばかり考えていればそれだけの人生になってしまう。

アスペルガーの症状があるか否かに係わらず
自分がこうなりたいと思った方向へ人は進みます。

言い訳や責任転嫁をしない、自分で責任を取っていく。

私がメルマガを書いているのもそのためです。

投稿: micah | 2006.04.03 19:07

忍さんの言うとおりかも。

障害だからどーとかこーとかって言う前に、どれだけ自分らしく生きていけるかだと思うんだよね。

確かに、障害があるために不便な面はたくさんあるけど、それだって全くカバーできないって事はないし。。。。

「ASだから」っていうのを免罪符に使いたくはないな、私も。

投稿: しかせん | 2006.04.05 12:30

私は、小さい頃から好きだった〈スタートレック〉のMr.スポックに自分をなぞらえております(エイリアンと地球人のハーフということで)。

それはさておき、ASであるとはいえ、甘えや逃避傾向があるのは自分の弱さであると、この頃ようやく自覚し始めました。
新しい職場で早くも挫折気味ですが、皆さんの言葉をしっかり刻んで頑張りたいと思います。

投稿: こだるま | 2006.04.06 00:21

この事については、結構心の中が揺れますね。
ここ最近は、僕自身に関しては少々無理してでも世の中に合わせて生きて行く方が無難かな、と思う時もありますし…。
元からある悲観主義と言うか、諦めとでも言うか。
僕にとって結局アスペは負い目、
障「害」である事には変わりないなのかなとまでも思ったりします。
負い目と言うか、罪を背負って生きている感じですね…。
アスペで損した、と思う部分は多いです。
でも死ぬまで(脳死するまで)この脳味噌なんやし、
この脳味噌に見合う方法で何とかしていかねばなぁ。

ネガティブでごめんなさい、「身の程を知る」って難しいですね…。

投稿: 大 | 2006.04.07 00:54

はじめまして。
非常に良い記事ですね。

>今後、もし、講演依頼が来たら、こういうことをメッセージとして、伝えていきたいと思います。

頑張ってください。
忍ご夫婦のこと、応援しています。

投稿: rain | 2006.04.09 09:51

お邪魔致します。
事後で申し訳ございませんが、記事を1件作成する
際、本記事より、文章を何箇所か引用をさせて
頂きました。
不都合などございましたらご指摘下さい。
宜しくお願い致します。

投稿: (,, ゚Д゚)。o 0 (IDがmagnificent_saxblueの人) | 2006.04.14 05:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15841/9401972

この記事へのトラックバック一覧です: エイリアン、異星人・・・:

» アスペルガー症候群 [Goin’ Nowhere]
15日、仕事帰りに診断結果をもらいにいきました。 結果はアスペルガー症候群、学習障害よりの軽度発達障害。 知能は言語101、動作88 総合95と知能指数は平均値。 絵画配列と文系知識の得点が高く、逆に数唱、計算や理系知識が点数が低かったそうで。 積み木については時間をかければ几帳面にできることが判明。 その結果により手先は不器用ではなく時間制限さえなければむしろ器用な部類に入るほうだとか。 ただし、聴覚による理解度が低く、メモを書いて覚えるか目で見て作業手順を覚えないとすぐ忘れる傾向があるとのこと。... [続きを読む]

受信: 2006.04.16 12:41

« 結婚記念パーティー | トップページ | 障害者自立支援法の施行 »