« コミュニケーション障害についての雑感 | トップページ | 夏休みの目標 »

2006.08.11

NHK『ハートをつなごう 発達障害(2)』の雑感

今週のNHK『福祉ネットワーク』は『ハートをつなごう 発達障害(2)』という内容で放送していました。

私は残念ながら木曜日の最終の番組しか見ていないのですが、感じたことを記して生きたいと思います。嫁さんが自閉症圏であり、なおかつ、私も自閉要素をかなり持っている(のだそうな・・・(T_T))人の、意見として聞いていただければありがたいと思います。

一つ前のコミュニケーション障害についての雑感ということで、記事に載せたのですが、木曜日に出ていた高機能自閉症の男性の方がの訴えたのが事がものすごく心に響きます。

それは、

『人と付き合いたいけど、付き合えない!(と感じる)』

番組に出席されていた司会者やそのほかの発達障害(LD、ADHD)の方から見ると、会話が出来るのに、なぜ会話が出来ないのか不思議がっていた場面があります。

傍から見ると確かに会話が出来ています。しかし、ちょっと詳しく見てみると、本人さんのしゃべり方等で、自閉要素で大変な苦労をされていたのが分かります。

特に恋愛というのは難しい要素だと思います。まず、会話が出来ていないといけない。そして、その会話というのはキャッチボールみたいに、相手に合わせようとしないと出来ない。

実際には私自身もよくやってしまうのですが、発信しすぎたり、しなさすぎたり、または、受信しすぎたり、しなさすぎたりするのがとても多いのです。そして、相手の考えが分からないととても不安になります。

だから、キレてしまったり、パニックに陥ったりする。

ADHDとよく併用されるのですが、大雑把に言うと、ADHDは感情を受け取るセンサーの具合が悪く、自閉圏は言葉のキャッチボールをする受信、発信に問題がある。LDの場合は説明できませんが・・・

だから、本人さんの、仕事はしたい、対人関係をよくしたいという二つの思いというのがよく伝わります。

そのほかの人のアドバイスとして、仕事だけではなく、その他の事でネットワークを広げたらという言葉もありましたが、対人関係の悪化で8時間のフルタイムの仕事はとてもストレスがたまります。私だって、薬で何とか持っている状態ですから。

本人さんにとってもこの2つの欲求を満たすのはかなり難しい問題です。一番いいのは、ほどほどの対人関係の仕事場で仕事をするということになりますが、こういうところはなかなか見つかりません。

本人、いや、私たちにとってかなり難しい問題なんですよ。
コミュニケーションをうまくとりながら仕事をするというのは

あまりうまくまとめてないです。

しかし、私の仕事場での状態と番組に出ていた本人さんの状況で共通点があったので、あえて書かせていただきました。

|

« コミュニケーション障害についての雑感 | トップページ | 夏休みの目標 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15841/11391078

この記事へのトラックバック一覧です: NHK『ハートをつなごう 発達障害(2)』の雑感:

« コミュニケーション障害についての雑感 | トップページ | 夏休みの目標 »