« 軽度発達障害者支援の別の角度から見た本の紹介 | トップページ | 四国は松山へ行っていました »

2006.09.07

うれしはずかし、私が執筆に参加した本が出ます。

通算4本目のレポートといいますか、私が一部執筆に参加した本が出ます。

というそうそうたるメンバーの一人に入れさせていただくことが
出来ました。

本はクリエイツ・かもがわさんから出版されます。

名前は
自閉症スペクトラム青年期・成人期のサクセスガイド

佐賀県は、それいゆ相談センターの
服巻智子先生が中心に行ったイベントで
発表させていただいた内容を元に
修正、加筆させていただきました。

私の執筆した文章から要点を挙げると

  • 生活環境の構築法
  • 不安にならない生活環境を作るには
  • 対人関係を乗り越えるコツ
  • 就労について理解して欲しいこと
  • 発達障害を生かす職場環境の構築

私はサラリーマンの身でありながら確定診断が出たため、
ひどくならないうちに自分を知ることには、かなり恵まれた環境にあったと思います。
(その後、会社の人間関係の悪化でかなりひどくはなりましたが・・・)

そのため、当事者の生活環境についてはかなりのノウハウを持っております。まだまだ未熟者ですが、参考にしていただければうれしいです。

対象としている読者の方々

  • 子供の将来に不安をお持ちの親御様
  • 中学生、高校生でこれからの生活に不安をお持ちの当事者の方
  • 就労、夫婦生活で困っている発達障害者のパートナー

私の場合はかなり現実に近いことを書かせてもらっていますので、
上記の方々お役に立てればと思っています。

どうぞ、よろしくお願いします。

詳細は後日、この記事に追加しますので、お楽しみに。

P.S.本名ベースでは、大学の論文、某工場リーダー向け雑誌、
システム管理者向け雑誌に出させてもらったりしていますが、
今回のような自分が小さい頃からの経験を基にしたものが
本になったのは初めてです。

9月14日追記

クリエイツ・かもがわ
さんより、ネットで注文できます。
ネットオンリーながらも、好評発売中です。
10月より、書店にも並びますので、ぜひどうぞ。

|

« 軽度発達障害者支援の別の角度から見た本の紹介 | トップページ | 四国は松山へ行っていました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15841/11799851

この記事へのトラックバック一覧です: うれしはずかし、私が執筆に参加した本が出ます。:

« 軽度発達障害者支援の別の角度から見た本の紹介 | トップページ | 四国は松山へ行っていました »