« CS(多チャンネルテレビ)でドラえもんの映画を見る | トップページ | 一番いい言葉のかけ方について-前回の嫁さんにきつく当たりすぎたのかもの記事から考える- »

2006.11.29

嫁さんにきつく当たりすぎたかも

日曜日に発達障害関係のイベントに出席しました。
私はパネリストとして、発表・・・だったらいいのですが、
残念ながら抜擢されなくて、スタッフのボランティアをやっていました。

まあ、私自身は講演はするけど、あまり表に出るつもりは
ないので、それはそれでいいんですけど。
(本当は出たがりなんですけどね。)

嫁さんは、私以上に自閉度が厳しいです。
実は夫婦で自閉圏です。

その日は嫁さんがパネリストを抜擢され、発表しました。
その影響で嫁さんは、当日、月曜日、火曜日と寝込んでいました。

嫁さんのブログでも発表しているんですが、私は火曜日の時点で怒りました。私は月曜日から何とかがんばって仕事しているのに、自分は火曜日までのんびり休んでいるのかと。

まあ、講演会、パネリストの影響はかなり大きいので、次の日ぐらいはゆっくり休ませるのが通例なのですが、その状態が2日、3日続くと、非常事態と、とらえています。最悪、実家に送り返すという手段もとったこともあります。

確かに、このイベントは夫婦ともどもきつかったです。いじめなども取り上げたので、フラッシュバックが来た人もいるし、私も精神的につらかったです。まあ、終われば温泉入ってリフレッシュしましたが、私の場合でも月曜日は会社に遅刻してしまいました。

今までならば、3日ぐらいは我慢していたのですが、これからのことを考えると、できるだけ早い復帰を考えてもらわないと、私の方がダウンするという危機感、そして、嫁さんにはもう少し強くなってもらわないといけないと思ったからです。

いくら自閉症を持つ嫁とはいえ、講演して、フラッシュバックを起こしたというのは、自爆行為です。そういうコントロールが出来ないのに、発表しようというのは、身近な人まで心配させてしまいます。

もう少し冷静に発表できるようになってほしいと思いつつ、これぐらいで。

↑本当にしんどかったらおこりません。しかし、彼女の行動を見ていたら明らかに甘えが見えたから怒りました。しかし、そのイベントは当事者にとってはつらいことを思い出させたのかも知れません。お仲間さんのブログを見ていたら体調を崩された方がいましたから。

|

« CS(多チャンネルテレビ)でドラえもんの映画を見る | トップページ | 一番いい言葉のかけ方について-前回の嫁さんにきつく当たりすぎたのかもの記事から考える- »

コメント

 忍さんの気持ちも分からないではないですが、
パネラーの話を聞いてるだけでも当事者にとっては
つらい。それを、あれだけの人数の前で話すのは、
もっとつらい。フラバを起こして当然だと思います。

 私も途中でうろうろ動き出したのは、席でじっと
聞いているのが精神的に耐えられなかったから。

 しかも途中で一回廊下に出ました。


>講演して、フラッシュバックを起こしたというのは、
 自爆行為です。そういうコントロールが出来ないのに、
 発表しようというのは、身近な人まで心配させてしまいます。

 そうかもしれない。でも、そうして当事者が話を
していかないと、当事者の苦しみは分かってもらえない、
そうじゃないですか?

 過去の苦しみが多い人ほど、今苦しんでる人に手を
差し伸べたいという気持ちが強いんだと思う。

 忍さんの奥様は自分の妹分、弟分のことを本当に
気に掛けている優しい人です。忍さんもそれは分かってるはず。

 女性は男性よりも繊細で壊れやすいんだよ。

 男性が耐えられるものでも女性には耐えられないものが
多いんだよ。

 奥様に強くなって欲しい気持ちは、夫として自然の
感情かもしれないけど、でもね、「強くなれ!」
「はい、強くなりました」っていうわけにはいかないのが
人間なんだよ。

 それでも、奥様は自分が講演する事で、1人でも多くの
人の力になりたいって思ってるんだよ。フラバ起こしながら……。

 だから、甘えが見えたって言うけど、こういうときに
甘えが出るのは自然なんだよ。

 忍さん、夫としての器を大きく広くして、ゆったりと
奥様を包んで受け止める懐の深さを持ってあげて欲しい。

 生意気言いました。

 当日のカメラ担当、タイムテーブル、ありがとう。

投稿: kuro-chan | 2006.11.30 19:26

私自身は仕事を持っているので月曜日に倒れるわけには行かないという感じでのペース配分でした。

男も、女も、お互いしんどいよねえ。

まあ、夫婦や恋人だから甘える部分もあるとは思いますが。

自分がしんどい時は甘えられてもしんどいなと感じますが。

投稿: ふー | 2006.11.30 20:13

みなさんへ
コメントありがとうございます。
こちらに関しては別記事に上げます。
とりあえず、お礼まで。

投稿: 忍(にん) | 2006.11.30 21:27

ごめんね、話一端終わってるのに重ねるようで。

私、夫の期待に応えよう、しんどくてもやらなきゃいけないことはしよう、
そうやって身体を壊して、躁うつ病を悪くしました。
お願いです、彼女は絶対に自分に甘い人じゃないです。
元気になったらしっかり起きて頑張るはず。
甘えてるのは夫だからなのよ。他人だったら無理でしょう?(職場だったりさ?)

少し元気が出るようなことしてみたら治りが早いかもしれないよ?
ハーブティを教えてもらって作ってあげるとか・・・。
とにかく、私のようになってほしくないです。
鬱だけでもなおるん大変だったん分かるよね?
私からも優しくしてあげてとお願いします。

投稿: ゆきこ | 2006.12.01 14:42

皆さんお疲れ様でした。
忍さん、奥さん支えてあげてようやってる。
心配ゆえのお怒りは、なんとなく理解できます。
これからも、がんばる夫婦だろな、なんだかんだと
言いながら、目の前にある課題が向かい風でも
歩むんだろうなぁ・・

投稿: フィリア | 2006.12.17 18:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15841/12871540

この記事へのトラックバック一覧です: 嫁さんにきつく当たりすぎたかも:

« CS(多チャンネルテレビ)でドラえもんの映画を見る | トップページ | 一番いい言葉のかけ方について-前回の嫁さんにきつく当たりすぎたのかもの記事から考える- »