« Openoffice-MSOffice互換性研究 Word-Writer編 | トップページ | 自助努力と支援のはざま »

2007.01.25

発達障害者の恋愛(コイバナより改題)

バレンタインデーが近づいているからか、私の回りで恋話が流行っています。

とはいってもネット上の同じ発達障害者仲間同士。ADHDはともかくとして、自閉症の人は恋をしないのではないかと誤解されるみたいですが、夫婦で当事者とか、片方が当事者とか、結構いるものです。

かという私だって、コイバナ自体は興味は無かったのですが、結婚願望は人以上にありましたし、年齢が20歳ぐらいになると人並みに恋愛をしたかったです。とはいえ、恋愛はどういうルールでやるのかはさっぱり分からないです。いまでもそうです。

今の嫁さんは付き合っているときからずっと彼女ペースだし・・・。

しかし、男性よりか、女性と話すほうが楽だった。一線の壁がいい感じに作用していたのかも知れない。男性同士だと、変に盛り上がったり、スポーツしたりで不器用な面が出てしまうからというのもある。異性だと明らかに違いがあるから、その違いをお互いに認めることが出来るからかな?

で、私のコイバナの実際。親友レベルを含めての異性との付き合いというと、保育園~幼稚園、小学生2年生~4年生ぐらいまでの二人がいました。どちらも外部からからかわれたから遠縁になった感じです。年齢が上がるにつれて、外部がうるさくなるので、逆に作りたくないという思いが出てきました。小学生2年生からの彼女とは、

「将来結婚しようね」

ってまじめに言った記憶もございます。もっとも、今の嫁さんはこの人ではありません。

今ではいい思い出です。

中学校~大学までは同級生が数が少なかったこと、男子の方が数が多かったので、そんな話にはめぐり合えませんでした。

大人になってもそんな話は無く、合コン、お見合いにも恵まれませんでした。お見合い、2件ぐらいOK出したのですが、1件目はこちらからのアプローチが弱く、却下。2件目は年齢の違いでお見合いも出来ず・・・

今の嫁さんと、めぐり合えたのはとあるサークルでした。

ということでこんな私でも、どこかに出会いがある!というお話でした。
この話、どこかで話すか、記すかもしれません。
1ヵ月後はバレンタインデーということで、書いてみました。

追記:トラバを受け付ける設定にすると、関係の無いところからトラックバックばかりされていたので、消した上に、受け付けないようにしました。ご了承下さい。発達障害関係の恋愛論なら大歓迎なんですけどね。

|

« Openoffice-MSOffice互換性研究 Word-Writer編 | トップページ | 自助努力と支援のはざま »

コメント

確かに私個人の恋愛遍歴(実際には、旦那とは20歳から付き合っているのでめちゃくちゃ少ないんですが)見てるとどれも『おかしい』のばっかりです。

…健常者の方から見ると『なんでそういう付き合いになるの』という感想も戴いてたりしてます。

投稿: さかいみのり | 2007.01.29 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Openoffice-MSOffice互換性研究 Word-Writer編 | トップページ | 自助努力と支援のはざま »