« 某知り合いのブログ記事を勝手に英語に翻訳 | トップページ | Logicoolのコンパクトキーボード使用体験 »

2007.02.18

当事者への支援を考える

今日の嫁さんの調子が悪そうで、午前中は寝込んでいます。 私はアニメをみながら会社の人から頼まれたDVDをコピーしています。(自分で作ったDVDなので、著作権は特に関係ないみたい。)

嫁さんの話を聞くと、某SNSでの当事者の言葉に落ち込んだとか。

私も見てみましたが、かなり悲観的な内容でした。発達障害支援法の非難ですが、少し言い過ぎではないかと。

今日はこの出来事から、私の感じたことを少し書いてみようと思います。私としての当事者として、また、嫁さんを暮らしているので、支援者としての立場、要望などを書いてみたいと思います。ただし、これは私と嫁さんに対してのことですので、他の発達障害者、特に自閉症スペクトラム当事者に当てはまることではありません。むしろそれぞれに応じた支援を考えないといけないです。まずこのことをご理解していただいた上でお読みください。

発達障害者支援法は、発達障害児にできるだけ早い支援の 枠組みを作ったことは大変評価できるのですが、 一方、診断された大人の当事者がどうやって生活していくかの枠組みは まだできていません。 大人の場合は一次障害のみで折り合いをつけられる人がいる反面、二次障害を併発し、生活が成り立たない人まで、様々な人がいるので、支援体制が定まらないという理由も考えられます。

二次障害で手帳をとって、福祉就労という道は残されているけど、 行動にプライドを持ちすぎる自閉傾向のある人には自信をなくすことかと。ADHDの人も、家の片付けに難点が
あったり、スケジュールの管理ができなかったりするので、それが原因で自信をなくし、二次障害を発症することになってきます。

二次障害を発症する前に、何らかの簡単な支援ができれば かなりの方がいい方向にむかうのでは。 そのためには、一般就労、生活で最低限の支援を検討し、 手をさしのべる方が双方にとってメリットのあることだと 思います。

そのためには、仕事のおもしろさ、大変さをもっと知りたいし、 仕事環境や待遇にしても当人にとって最適なものにしていかないと いけないと思います。これは発達障害者だけではなく、今問題になっているニート、フリーター問題にも当てはまります。

その意味ではホワイトカラーエグゼンプションも一つの回答に なるのかなと思っています。ただし、本人にあった成果を本人に納得できる待遇で応えてあげるというのが条件ですが。 今の状況だと、24時間働いて、給料は上げないという ことを押しつけているように感じます。

代わって、本人、当事者側としては、自分の持っている能力、 特性の棚卸し、そして、これらの能力を社会にどれだけ使っていけるか、 特性を理解してもらって配慮してもらえるか。

これらを説明する能力をつける、もしくは支援してもらえる体制を 作ることが重要になります。そうしないと、相手のいわれるままに 従い、そしてつぶれることになりますから。

私の家を例にあげます。私の家では週二回ホームヘルパーさんにきてもらい、献立のアドバイス、清掃、整理整頓を中心に助けてもらっています。 これだけでも嫁さんは今のところ精神的にかなり安定してますし、 私も仕事+家事の重圧から少し距離を置くことができ、
自分のストレスコントロールが出来、仕事に集中することが 出来るようになりました。

発達障害は本人のコントロールと、周囲の理解があれば、プラスに働くと信じています。今は大変かもしれませんが、回り道をしながら前向きにがんばっていきたいです。

P.S.私もこの1週間、会社で負担をかけすぎたり、天候、気圧の変化で体調があまりよくないこともあったので、しばらく 今までの薬+SSRIを服用するようになりました。 一時的な体調不調が続いているためなので、すぐに元に戻ると 思っています。

|

« 某知り合いのブログ記事を勝手に英語に翻訳 | トップページ | Logicoolのコンパクトキーボード使用体験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15841/13952590

この記事へのトラックバック一覧です: 当事者への支援を考える:

» 芯からきれいになる!!お勧め温泉はここだ!! [おすすめ温泉情報]
温泉シーズンも残りわずか。今最もおすすめ温泉をご紹介!! [続きを読む]

受信: 2007.03.18 02:21

« 某知り合いのブログ記事を勝手に英語に翻訳 | トップページ | Logicoolのコンパクトキーボード使用体験 »