« 九州某所で話を聞いてきました | トップページ | リング集引っ越しのご案内 »

2007.03.17

第2回オーティズムリトリートの会での話を聞いて

注意事項
こちらに書いてある文章は発達障害の方誰でも当てはまることではありません。筆者は、一発達障害者の視点で、書かせていただいてお り、専門家、支援者ではありません。この文章は私の独断と偏見で書いています。ですので、全く違う、でたらめなことを書いてある可能性が高いです。もし、 全く違う文章があれば是非知らせていただきたく思います。皆さんからのご意見を元にして少しずつ直していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

では、本文。先週の続きです。

実は九州某所というのは公表を控えていたのですが、佐賀のNPO法人それいゆ様の主催の「第2回オーティズム・リトリート・ジャパンの会」でした。

聞いていた思った感想は、当事者としては一般の人、他人の人の感じ方を勉強し続ける必要がある。そして、誰にも邪魔されない自分の世界を持ち続ける必要があるということです。

両方を実現するのは難しいかもしれません。しかし、体調が悪いときに自分の世界、趣味の世界かもしれないし、何らかの締め付けられる感覚かもしれないし、何らかの習慣に、逃げる道を作っておくのがポイントだなと感じました。

一般の人、他人の人の感じ方を勉強する日はいつでもかまわないと思います。発表された方には、大人になってから学び始めた人もいます。実は私の嫁さんも20代になってから学び始めたのではないだろうか。私は幸い小さいころから勉強できた環境にありましたが。

自分の世界、私ならば鉄道の世界だったり、パソコンの自作、プログラミングだったりするのです。

まず鉄道話。最近の「鉄道ファン」は面白いですね。JR20周年特大号期間で、内容が充実しているので、来月も購入予定です。鉄道の世界といえば、鉄道好きな自閉さんは「500系のぞみ」がお好きだと言う事をおっしゃっていた方がいらっしゃいましたが、鉄道ファンはkかなりの割合で「500系のぞみ」が好きなんだという結果が鉄道ファンの4月号に出ています。人気No1は「500系のぞみ」なんです。

少し疲れたときは鉄道に入り浸るのですが、もっと疲れたときはふかふかの布団に眠ります。分厚い布団というのは家の習慣と思っていたんですが、海外の人の締め付け機(テンプル・グランディンさん?)の話を聞いて共通点があると嫁さんが指摘していました。

対極にあるこの2つのこと、実は自閉要素を持つ人の生活のコツなのかもしれません。定型発達の方やその他の障害をお持ちの方に比べると贅沢なことかもしれない。でも、自分のメンタル面を保つためには必要な事だと思います。お金をかけることは大切ですが、こだわりを爆発させて、お金をかけすぎるのはご注意。

今回の私の記事、あくまでも私の感じたことであって、参加者それぞれ違うことを考えているかもしれません。楽観的な考えかも知れませんが、他の方はかなり厳しい捉え方をしている方もいるかもしれません。それぞれが考えて、今後につなげていければと思っています。

帰ってきてからこんな気付きがあり、かなりハイテンションです。1週間が過ぎ、本業の仕事も多かったため、少し疲れ気味なところもあります。明日はお彼岸。久しぶりに静かに過ごす予定です。

発表者の方々と交流を深め、一部の方とメールアドレスの交換をいたしました。私と違い、人生経験も豊富で、特性を生かし、知識が豊富な方々とお会いできたことを光栄に思います。仕事に次いで人生の中で充実していたことを感謝する気持ちでいっぱいです。

今年も本になる予定ということで楽しみにしています。それまで待てないという方は是非「自閉症スペクトラム 青年期・成人期のサクセスガイド 」をお求めいただければ幸いです。拙作も量は少ないですが、書かせていただいています。そこは嫁さんと2人分ということで、ご了承いただければと思います。

次回、「ノーマルな世界の中で自分の世界と両立させるには」という持論を展開する予定です。

|

« 九州某所で話を聞いてきました | トップページ | リング集引っ越しのご案内 »

コメント

忍さん、おはようございます

第二が開催されていたのですね!

講演、お疲れ様でした
知っていたらなんとしてでも行っていたかもしれません
行きたかったなぁ・・

私の自分の世界は音楽ですが、ADD気質もあるのかあきっぽく
浅く狭い感じでオタクと言われるほどの興味への集中がないようなところが残念に思います
自分が管理しきれないものをもつと頭の中が混乱してしまうのでコレクターにもなれません

でもスウィートスポットが狭いということでは他の自閉さんと変わらないのかな?という感じがします

ちなみに重い布団は私は苦手なようです
軽すぎてもだめなようなんですが・・

>対極にあるこの2つのこと、実は自閉さんの生活のコツなのかもしれません

どちらの世界も大切にし、勉強することですね
本楽しみにしています

あと奥様とのお写真が渡せる機会があるといいなぁと思っています
少しピンボケでした(汗)すいません


投稿: シャカ | 2007.03.18 10:19

シャカさん

お久しぶりです。
実は発達障害関連の団体やサイトがあちこちできていて、すべてを把握するのはかなりしんどいです。
オーティズム・リトリート・ジャパンの会もそれいゆ以外で宣伝されていたのかどうかは微妙。
しかし、混雑すれば今度は参加者の間でトラブルになるかも知れないので、そのさじ加減がかなり慎重です。
当事者が住んでいる地域でもっと理解を訴えないといけないなとも感じた会でした。

投稿: 忍(にん) | 2007.03.18 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15841/14295905

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回オーティズムリトリートの会での話を聞いて:

» ダンナが感じた第2回オーティズム・リトリート・ジャパンです。 [自閉症スペクトラム白書]
第2回オーティズム・リトリート・ジャパンの感想をダンナが書いております。 とくとご覧あれ。 http://nin.cocolog-nifty.com/first/2007/03/post_7587.html [続きを読む]

受信: 2007.03.22 21:20

» ごめんなさい...500系のぞみに乗りたくない人の話 [あるくんの今日このごろ...]
500系のぞみはJR西日本の総力を結集した最高傑作だということは認めます。 ただ、私にはあの圧迫感と、西日本区間で300km/h走行をしているとき、特に対抗列車とすれ違うときやトンネル進入時の耳ツンが気になって、最近は敬遠気味です。300系はこだまをのぞき論外。 先日も所... [続きを読む]

受信: 2007.03.23 18:29

« 九州某所で話を聞いてきました | トップページ | リング集引っ越しのご案内 »