« 【パソコン】PCサーバ構築奮闘記 | トップページ | スケジュール管理について »

2011.11.30

発達障害と「整理・整頓・清掃・清潔・しつけ」

  職場の整理時間に、引き出しを片付けたら量が半分以下になっていた。いつもメンテはしているつもりだけど、本当に「つもり」だったのですね・・・たまには集中して整理整頓の時間を設けるのは良いことです。

  掃除って、発達障害系の人はどこまでやったらいいか分からない人が多い。その場合はまずは「見える化」して、「ターゲットを絞って」「一気にやる」出来ることをこつこつやると知らない間にきれいになるよ。モノが多いと「見える化」がなかなか大変だけど・・・

  実は「見える化」というのは私独自の方法だと思う。大体の整理本は精神統一してとか、思い切って断ち切ってとかが最初に出てくるけど、散らかったままだと状況は頭の中が混乱している状況であって、何すれば良いか分からなくなる。そういう意味で書棚類のストレージ家具の購入は大成功だった。

  某製造業の中小企業に就職し、最初に配属されたのは総務部で工場改善プロジェクト事務局みたいなところ、そこから工場管理のイロハをざっと学んだ。最初に出てきたのが、「整理・整頓・清潔・しつけ」の4Sとか言うものだった。それと、PDCAサイクルという言葉、これが今でも何となく生きている。

  とはいえ、私も少しずつ片付けていっているけど、なかなか片付かない所も多い。特に普段使わない所とか・・・まずは使わない所でも積極的に使うのが大事かな。

|

« 【パソコン】PCサーバ構築奮闘記 | トップページ | スケジュール管理について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15841/53374687

この記事へのトラックバック一覧です: 発達障害と「整理・整頓・清掃・清潔・しつけ」:

« 【パソコン】PCサーバ構築奮闘記 | トップページ | スケジュール管理について »